mobconsa106 Life Log

チーム創設より応援している北海道コンサドーレ札幌がメインのサッカー話やゲーム(セガサターン世代)や映画なんかの話がメインとなる模様。4歳息子と2歳娘の2児の父ですが精神面は中2で止まっています。

早寝・早起きで自由時間が2倍になった! 絶対に早起きできる条件は2つだけ。 

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術

最近ね、早寝・早起きしてるんですよ。

 

そしたらね自由時間が大幅に増えたんですよ。

あ、別に本読んで実践したとかでは無いです。逆に

 

「朝活?意識たけ~!俺には絶対無理だわ~、まず起きれねえし!」

とか思ってたんですが、

 

起きれるんですよ。これが。

 

ポイントは2つだけ

 

  • 早く起きるには、早く寝る。

まあ当たり前。4~5時台に起きたいなら22~23時台には寝ること。

 

  • 朝起きてやりたいことがある。

なんでも良いんです。読みたい本があるとかゲームしたいとか絵が描きたいとか。僕は最近は、コンサドーレの情報が載ってるブログをチェックとか、このブログ書きや読書、ちょっと頭を使う転職活動やらです。

 

起きれば「やりたいことができる」

起きなければ「できない」

 

これを目覚ましがなった時に思うだけで自然と起きれるんです。

 

脳凄い。

ただ1番目の条件、早寝しておかなければ無理ですよ。体に負けます。十分な睡眠が確保できればの話です。

 

あと「やらなければいけないこと」ではありません。「やりたいこと」です。

 

起きるときにやらなければいけないことを思うのはやめておきましょう。つらいから。

下手すると起きれなくなります。

 

起きるときは「やりたくて楽しいこと」を思いましょう。

 

起きてエンジンかかれば、やらなければいけないことも「じゃ、あれも今のうちにやっちゃおうか!」みたいなノリで取り掛かることも可能。

 

活動的な自由時間が増えて睡眠時間が減った 

僕はこれで

睡眠時間が7時間から5~6時間に減りました。

 

前は6~7時間寝ても疲れが取れない感じでしたが、今は5時間位で自然と目が覚めます。カーテン開けて朝の光もプラスするとより脳の働きで起きやすくなります。

 

で、お昼休みにご飯食べたら眠くなるので10分~15分くらいうたた寝します。シエスタです。スペイン人みたいですね。

 

今これ書いてるのが朝5:40分、子ども達が起きて来る7時過ぎまでまだ時間があります。

 

まとめ

 

仕事帰りで帰宅した後、疲れている時間に自由時間を充てるより、

 

早寝、早起きしたら体力が回復しているし、

 

ちょっと動けば頭も冴えて来るしテキパキ動けるので、

同じことをやるのでも疲れている夜の自由時間より朝の時間の方が作業が大幅に捗る

 

というお話でした。

 

最近「カエレバ」「ヨメレバ」の貼り方を覚えたので全く読んでないけど

リンク貼ってみます。売れないかな(゚∀゚)